日本から ISO に提案した ISO/FDIS 24246 は、欧米と協調しつつ日本型のGNSS測位補強センターを国際標準にするもので、ISO/TC 20/SC 14 委員会で審議されました。

2021年11月24日に締め切られた国際投票において、皆様のご意見を反映した国際標準原案(DIS)は、米国、フランス、イタリア、中国、ロシア、ブラジル、カザフスタン、日本の賛成を得、反対国ゼロで承認されました。

米国、ロシア、日本からコメントを得ており、現在、ISO全参加国による最終投票(FDIS)のための原稿を準備しています。

国内は日本航空宇宙工業会(SJAC) が国内審議団体として取りまとめております。
当QBIC協議会においても、会員の皆様からの意見を募集します。

会員又は関係者で、規格原稿、添付資料、他国コメントに対して、ご意見のある方は「コメントシート」に記入し、事務局(qbic@jspacesystems.or.jp)宛にメールでお寄せください。
期限は 2022年2月7日 です。

ISO/FDIS原稿「GNSS測位補強センターの要件」 (13 ダウンロード)
 ※ISO著作権のためパスワード保護しています。
コメントシート

どうぞよろしくお願い申し上げます。

尚、QBIC会員で当ウェブサイトのパスワードをお持ちでない方は、事務局にお問い合わせください。また、入会を希望される方は手続きをお願いします。(参加無料)